冷し中華@社食

2007.06.29.20:31

社食シリーズの最後?は冷し中華です。
昨日の変り**麺と何処が違うか・・・って?
NEC_0010.jpg

汁は醤油系です。
スポンサーサイト

変り坦々麺@社食

2007.06.28.21:28

大したトピックも無い平凡な食生活です。
こうなったら田舎の労働者の昼食を昨日に続き紹介します。
冷し中華を考えていましたが、C定食がこの坦々麺でしした。
NEC_0009.jpg

小鉢・味噌汁が付いて、475円です。
味音痴の小生は、紅しょうが・ラー油が欲しいところ。
でもトッピングも彩りも良く、食欲をそそります。
肉味噌が少し濃い味で、良い仕事をしていました。

冷したぬき蕎麦@社食

2007.06.27.20:48

夏になると食欲が落ちる。
どうしてもさっぱりした食い物に走る。
社食では『冷したぬき蕎麦・うどん』と『冷し中華』が交互に出るので
どうしてもこの2品に手が伸びてしまいます。
NEC_0005.jpg

汁はきちっと冷してあります。
トッピングは、錦糸卵・キューリの千切り・揚げ玉・ワカメ・薬味のネギとシンプルですが、麺量もたっぷりで美味いです。
お好みで生卵を落とすも、楽しいですね。
@=370円?も魅力的。

手打ち中華そば@角万食堂/上田(旧丸子)

2007.06.24.17:51

訳あって鹿教湯へ。
別の場所え食べたのですが・・・続いて角万食堂へ。
以前から入りたいと思っていました。
円熟のご夫婦が切り盛りしています。
昭和40年代にタイムスリップしました。壁は鏡が一面。
明るい雰囲気です。
手打ちの中華そば・・・650円を戴きました。
070624_1.jpg

チャーシュー・メンマ・なると2枚・のり・茹で野菜と豪華な
トッピング。コショーが既にかかっていました。
麺は太め・するっと喉越し良好。スープは田舎風で濃い目です。
全部は呑めませんでした。
久しぶりに昔の味に巡り合いました。
他には、カツ丼700円はじめ、メニューいっぱい。
人当たりに良い女将さんが良い味出してます。

待っている間、竹の子の煮付けを差し出して頂きました。

泡醤油

2007.06.19.20:59

少し古い話になります。
京都に行った時、『泡醤油』を経験しました。
お造りに合わせる醤油です。
P4301888_1.jpg

いわば、醤油のメレンゲです。
醤油と卵白で作るらしいのですが、小細工がありそうです。
芸者さんや舞妓さんが衣装を汚さない様に・・・の気遣いが発端
との話も有りますが、本当の事は存じません。
さて、味ですが通常の醤油よりまろやかに感じます。
お刺身にこの泡を乗せて食べる事になります。

キーマカレー@自宅

2007.06.16.14:32

梅雨は明けたのでしょうか?
快晴のお天気です。
無性にカレーが食べたい・・・
辛いカレーが・・・・
P1010062.jpg

キーマカレーです。
辛いです。
満足しました。

大腸異常無し

2007.06.13.20:55

大腸内視鏡検診やってきました。
2時間で2リットルの下剤入り腸内洗浄液を飲み、
検診はなんと13:30から・・・
これだけで疲れました。
先生は女医さん。容赦無くお尻へぶちゅー・・・
25分の検診です。
鎮静剤の成果途中は記憶が薄いです。
ファイバーを抜いてくる時に起こされて、説明です。
結果、
腹黒いどころかきれいなもんです。
これならモツ煮込みの具に使えそう・・・と冗談も出るほど。
一安心です。

ダイエット食

2007.06.12.21:00

30分歩いて来た。
カロリーを消費するには運動しかなく、筋肉が必要。
しかし、食べ過ぎないも重要。
炭水化物を抑えたい。と言う訳で、これ。
P1010060.jpg

昨日、SEIYU で見つけました。
ソーメンは昔からありますが、焼そばもどきは初めて。
実は、スパゲッティーもどきも有りましたが、手が出ませんでした。
レタス・キャベツ・トマトや色々な野菜を敷き、上にこのこんにゃく
ソーメンを載せます。そして冷し中華のタレを掛けると出来上がり。
カロリー50Kcalの主食になります。

健康の為なら死んでも良い。 そう、思いながらスマートな
自分を夢見ています。
女性の気持ち分かるなー。

健康診断

2007.06.11.20:51

小生にとって健康診断の季節。
6月13日 大腸内視鏡
6月28日 肺のヘリカルCT
7月20日 人間ドック 胃内視鏡
7月中   歯科一年検診

最近お前は『腹が黒い』といわれているので、これだけ診れば
小生がいかに腹黒くないかが判ると言うもの。
冗談はそのくらいにして、昨年は脂肪肝とも言われた。
エコーの映像はそれほど白くないのだが、これより対策に入る。

明日からは1500Kcに落とした食事に入る。
何処まで続くやら。

かじかや@武石/上田

2007.06.10.20:45

鬱陶しい中座敷豚様の命令で青木村へ
お昼は『かじかや』でラーメンを食べさせて頂きました。
なんと5年振りのかじかやです。
P1010047.jpg

チャーシュー麺 700円 は安いと言って良いでしょう。
軟らかいチャーシューが5枚です。
個人的にはもう少し歯応えが欲しいですが、座敷豚様はお気に入りです。
手打ちの麺もプリプリ感が絶妙です。
スープも良かったのですが、少し塩分多目と感じました。
真夏で汗いっぱいの時なら良いのですが、今日の天候では
きつかったです。
とても飲み干せなかったですね。
本日一番爽やかだったのは、お手伝いの次男君。
5年前は覚束無い手付きで、トッピングのネギを乗せ、テーブル拭きを
しておりましたが、現在中学3年生。お手伝いも板に着いています。


聘珍楼@香港

2007.06.05.21:04

久し振りの香港。
今までの家庭料理とは違い、少し高いメニューへ。
北京ダック
P5280032.jpg

添えるネギも良い仕事されています。
P5280029.jpg

皮を剥されたダックです。
P5280043.jpg

ふかひれとカニのスープ
P5280033.jpg

海老マヨネーズ
P5280035.jpg

海老チリソース
日本のそれとは若干違いました。
海老のプリプリ感がすばらしい。
P5280036.jpg

鮑の煮込み
幸せな味でした。
P5280037.jpg

チャーハンの海鮮餡かけ
P5280041.jpg

マンゴプリン
果肉がたっぷりです。
P5280044.jpg

他数品をたっぷりおなかに入れ、
Wine3本他を楽しんだのです。

お一人様****HKDですが、この場での値段は野暮です。

祝:駒ヶ根ソースカツ丼

2007.06.03.18:58

8位入賞おめでとう御座います。

富士宮で開かれたB-1グランプリでの事。
初出場でこの位置は立派です。
来年の久留米は頑張って下さい。

伊那の皆さんも『ローメン』引っさげて出場をお願い致します。
きっと良い線行きますよ。

これでソースカツ丼は駒ヶ根の認識が全国に定着の一歩ですね。
なんと2日間で25万人の人出。
さすが、日経の野瀬さんの仕込みはそつが無いわい。
頑張れ伊那市。伊那には『ローメン』が有るのだから・・

カントン料理@シンセン/中国

2007.06.03.16:28

シンセン2日目はHOTEL内のレストランで。
今日のBeerは青島の純生です。青島にも生があるのですね。
P5281756.jpg

結構美味しいです。喉越しも良い。これだけ暑いと何でも美味いかも。
さて、最初はお馴染みの茹でた海老。定番です。
P5281760.jpg

美味いといってこれを食べ過ぎると後に響きます。
次は、ホタテのにんにく油かけ。
このホタテは何処から来るの・・・この辺では採れない筈。
P5281761.jpg

少し濃い味に行こうと言う事で、・・・
P5281763.jpg

柔らかくしっかりと味が浸みています。
3切れ喰っちゃった。
野菜系に戻ってこんなものも。
なすのステーキ?です。下には玉ねぎが敷いてありソースの味が
浸みてこちらもいいですね。
P5281765.jpg

家常豆腐です。
この他3品頂いて240元 3人でしたので1人80元。
1200円と言うところでしょうか。
P5281769.jpg

ご馳走様でした。

中国は食の宝庫ですね。

潮州料理?@シンセン/中国

2007.06.01.21:24

最初の夜はローカルの店へ
多分潮州料理と思います。
まずはこんなBeerで乾杯です。
Beerというよりサイダーみたいに軽いです。
P5271728.jpg

さて、最初はこの料理店の基本が解らずこんなもんを頼みました。
草魚?の頭・カマの部分の煮込みです。
P5271729.jpg

下には麺が敷いてあります。魚の上に掛かっているのは、実は
唐辛子です。鯉を唐辛子のスープで煮た物と思ってください。
汗いっぱいで食べました。
続いては、赤唐辛子と蛙肉の炒め・もう一品はウサギ肉との炒めです。
P5271744.jpg

赤い恋人の量が半端ではありません。
最初はどちらかを頼む予定が、両方になりました。
辛いのですが、美味しいのでつい食べ尽くしました。
テーブルの上はこんな状態になりました。
P5271749.jpg

あまりきれいな映像ではなくごめんなさい。
呑んだBeer瓶はこんな状態でOKです。
P5271745.jpg

これだけ呑んで食べて130元です。1人当たり650円でしょうか。

明日はワンランクアップした食事です。


プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック