シバの女王@レイモンドルフェーブル

2008.06.29.20:41

 『シバの女王』で中年にはお馴染みの
レイモンドルフェーブルが亡くなった。
1970年代に青春時代をおくった方なら
多分ご存知の筈。
P6291226.jpg

  ヨーロピアンサウンドこってりの中にも
おしゃれな感じが漂ったものでした。
ビリーボーンとは一味違っていました。
当時はサンレモやユーロビジョンの音楽祭
が全盛でした。
 オーディオも全盛期でした。
今朝は久し振りにLPを廻しました。
蒸し暑いのですが、真空管に火を入れました。
2枚組みのLPを聴きました。
我が家ではCDよりもLPレコードの方が
良い音がするのです。
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

ローメン@梨花/辰野駅前

2008.06.28.18:39

 時々無性に食べたくなるこのローメン
P4150844.jpg

昔は駅を出るとにんにくを焦がす匂いで
擽られ店内に引きづりこまれたものです。
ソースと酢を掛けて七味唐辛子もかけちゃう。
紅生姜の赤が良いアクセント。
このローメンに似ているのが伊那北の『来々軒』
美味しく頂きました。

五目焼そば@龍健/甲府

2008.06.22.10:30

 さくらんぼの満腹感を『湯めみの丘』で
温泉に浸かって慣らしながら遅い昼食へ。
韮崎寄りの交差点を100mほど湯村方向に行く。
何の変哲も無い中華『龍健』へ。
 久し振りの『当り』でした。
座敷豚様は冷し中華950円。生のエビは2尾。
胡麻ダレが実に穏やかで旨い。・・・自家製間違いなし。
小生は五目焼そば。900円
P6151211.jpg

具もしっかりしている。餡の味も良い。
この出来だと麺がもう少し欲しい。
最後まで美味しく頂きました。
この店、結構やります。

イタリアン@ミラノサローネ@諏訪

2008.06.20.20:15

 意気投合して行って来ました。
なんと男女5名の合コンです。
2000円前後でSETメニューがありそちらを。
ベテラン?のお嬢様がチョイスしてくれました。
P6091162.jpg
P6091170.jpg
P6091166.jpg
P6091174.jpg

こんな感じなのです。
 味は薄味?コクが無い。イマイチ。
もっと残念なのは、一度にドッと出てくる事。
テーブルはピザ2・スパゲッティー3・サラダ3の山。
溶けたチーズは固まるは・・・・最悪。
もう少し気を使って欲しいナ。

ほたる見物

2008.06.17.21:14

 夏の夜の風物詩
ホタルの季節です。
梅雨の晴れ間、蒸しむしした夜が狙いです。
P6171221.jpg

 ほたるは560nm程度の人間の目に
最も感じ易い光を放つらしいです。
三脚無しでの撮影はNGでしたが、
乱舞を想像しながらお休み下さい。

さくらんぼ@南アルプス市

2008.06.15.20:43

 婆守り(子守の対極にあります)で行ってきました。
農園でさくらんぼ狩りが気に入ったようです。
入園料2000円老人は1800円です。
1H食べ放題ですが欲では食べられません。
P6151203.jpg

 佐藤錦と高砂が旬の様です。
写真は佐藤錦です。色は完熟とは行きませんが、
味の方はその域に入っておりました。
味が濃い感じで旨いですね。

中華@福満園別館/横浜中華街

2008.06.10.21:34

 続き
せっかくの中華街。贅沢をとフカヒレです。
P6071140.jpg

値段も良いですが味もそれなりに良いです。
ここの名物は黒チャーハン。上海醤油が使われています。
香ばしく甘味があって美味しいです。
P6071142.jpg

これに飽き足らず四川焼そばも注文。
これは辛さでむせる感じ。
P6071144.jpg

こうした辛さ好きだなー。
そして腹が一杯になると・・・・
こんな悪戯です。
P6071145.jpg

黒チャーハンにフカヒレの姿煮の残りを掛けました。
これ旨いです。
中華はバリエーションあって楽しいな。



中華@福満園別館/横浜中華街

2008.06.08.20:33

 遊びで東京へでました。
昼食は足を延ばし横浜中華街へ。
渋谷から30分余りで着きます。
 コースではなくアラカルトにしました。
福萬園は四川が中心です。
食べ過ぎる程頂きましたが、今日は前半分を
ピータン豆腐・茹で豚肉の辛味ソース掛けを
頂いた後、以下3品です。
P6071132.jpg

牛肉の黒胡椒炒め。胡椒の香りが食欲を擽ります。
続いて、豚角煮
P6071135.jpg

チョット固めの仕上がりでしたがいけます。
続いてエビの唐辛子炒め。
日本では小さなエビになってしまいます。
これが大きな蝦蛄やエビなら100点ですが
日本では無理な話かも。
P6071138.jpg

こうした色合いはやはり四川です。
まだまだ食べ続けました。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック