散らし寿司

2010.02.28.20:09

 桃の節句を祝って散らし寿司です。
P2283849.jpg
酢飯には、シイタケを混ぜました。
お刺身と一緒に菜の花を添えました。辛し和えです。
お刺身は鮪にホタテに鰤です。鰤はこれが今期最後かも。
家で作ると1人前700円程度で出来上がり。
美味しく頂きました。
スポンサーサイト

お雛様

2010.02.27.16:50

 何を思ったのかお雛様を飾った。
P2273823.jpg
大変久し振りであるのだ。
陽気が急に春めいてきて、その気になったらしい。
小生はお雛様も良いが、出来れば菜の花でもあしらった
散らし寿司でも喰いたいのだ。
どうやら明日はその可能性がある。
花より団子である。

ジャージャー麺@城満@諏訪

2010.02.25.18:12

 遂に頂く事が出来ました。
やっちゃんさんやCooperさんのブログで凡そは
解っていたのですが、初めての『城満』です。
頂いたのは、話題のお勧めメニュー。
P2253818.jpg P2253819.jpg
 スープとデザートをチョイスで780円。
麺もこの通りモッチリしています。
特徴のなすも多く、いい味出しています。
P2253820.jpg
味付けが日本人の想像する『中華料理』です。
素材や調味料の使い方が上手いのでしょうね。
本場で食べる独特の臭みや香り、辛さや現せない中華臭さがありません。
美味しく頂きました。
 目の前で焼く餃子が旨そうで次回の狙いに。
又、エビマヨが旨そうだったなー。


いちごジャム

2010.02.22.19:58

 カーちゃんが廉い苺を買って来て
ジャムを造りました。
P2213815.jpg
鍋の中はこんな感じ。これから若干つぶして出来上がり。
ヨーグルトにかける。パンに塗る。そのまま食べる。
ジャムも買ってきた方が廉いかも知れないけれど
自作又結構です。

美寿々生酒@美寿々酒造/塩尻

2010.02.21.20:25

 塩尻の田舎にある小さな造り酒屋です。
しぼりたて生酒を戴きました。
P2213817.jpg
結構フルーティーです。ここは明治から続く小さな酒蔵。
蔵元が杜氏を兼ねています。結果、
本当に造りたい酒を造っているのかも知れません。
アルコール度20%ですがスッキリしていて、サラッと入ります。
 宣伝もせずやっていくのは大変ですがこうした酒蔵には
是非頑張って欲しいと思います。今夜は鍋を突きながら
戴きました。

金のなる木

2010.02.20.16:22

 そう大金は欲しくは無いが少しは欲しい。
人並みに生活する金が欲しい。と思い、金のなる木
を育てている。花が咲いた。
P2203813.jpg
今迄中々咲かなかったがピンクの花が咲いた。
これは春から縁起が良い。

もり蕎麦@本山そばの/里塩尻

2010.02.19.22:38

木曽からの帰りお腹がすいて思わず立ち寄りました。
日本『のそば切り発祥の地が』がうたい文句。
地域の奥様達が経営されているお店です。
戴きましたのは『もり蕎麦大盛り』1,080円?
木曽谷は蕎麦の値段が高めと思いますが、まさかここまで。
P2173809.jpg P2173808.jpg
 打ち方。〆方。香りも合格ですが、どちらかと言えば〆過ぎ。
汁が薄い感じでそばが勝ちすぎ。もう少し薫り高く切れのある
つゆが欲しいところ。つゆの精進もう一歩でしょうか。
そばが好いだけに残念な印象です。

黄金ほしいも@茨城

2010.02.18.18:54

 サツマイモのホシイモを貰いました。
その名も『黄金(こがねほしいも』です。
P2153798.jpg
写真では判りずらいですが。綺麗なこがねいろです。
柔らかく甘いです。
ホシイモは白く粉が吹いているイメージでしたが、
それは有りません。
『紅まさり』と言う芋を使っているのです。

大師祈願もなか@末広庵/川崎

2010.02.15.20:34

 職場の非公開グループ『秒読み研究会』の一員から
大変時節にあった『大師祈願もなか』を戴きました。
P2153803.jpg
川崎大師のご近所のお菓子屋さんでしょうか。
弘法大師にちなんで釣鐘の形です。
P2153801.jpg P2153802.jpg
中は小生の大好きな粒餡。柔らかくネトッとしています。
この甘さなら濃い目の煎茶でいけます。
 さてこの釣鐘に何を祈願しましょうか。
何でも叶えて頂けそうな落ち着いた気持ちになりながら
おやすみなさい。

春雨の中華サラダ

2010.02.14.16:47

 食欲無いときに結構助かる。
P1313744.jpg
此れはご近所のスーパー特製です。
胡麻ラー油でもかけてピリッとしても尚結構。

スピーカー

2010.02.13.12:08

 大町へ行ったのはスピーカーの試聴が目的。
居間や寝室で気軽に聴けるスピーカーを探している。
そこで候補に挙がったのがこれ。
P2133763.jpg
東京のリッツカールトンインペリアルルームに置かれてから
注目が集まってきた。
この1個でステレオになっており、重さも3kg程度。
置く位置も制限が殆ど無い。
 聴いてみた。ジャズや弦の再生にはいける。
オーケストラはチョット苦しい。
何しろ直径が8cmや10cm程度だから無理も無い。
寝る前や居間でのBGM用なら充分かもしれない。
少し考えてみるか・・・・。

バラニクソバ@俵屋/大町

2010.02.12.17:52

 どうしても聴きたい事があり大町へ出掛けました。
当然お昼に渡っておりましたので、ここ俵屋さんへ。
目指すは豚角煮が3枚載ったバラニクソバ735円です。
半シャーハン。ラーメン。餃子2個付きのランチに心が揺れながらです。
P2123760.jpg P2123761.jpg
悩みながらも餃子420円も一緒(連れの半分づつに)
角煮はホントに柔らか。八角が利いています。
ラーメンのスープは若干濃い味。旨くてスープを飲むと
後に水が大量に欲しくなる事になります。
 餃子は前評判通り大きくて野菜たっぷりです。
1人前で一般の2人前はあるかも。
美味しく戴きました。お土産に生の餃子2人前を戴きました。

コンニャクの白和え

2010.02.09.21:52

 コンニャクが主役の料理は何か?
余り多くないと思う。大体脇役。しかし無いと
全体のバランスが悪い。すき焼きもそう。おでんもそう。
P1313740.jpg
しかし、このコンニャクの白和えでは主役を張っています。
水分を抜き、シコシコのコンニャクは最高の歯当り。
胡桃を多めに使った白和えが好き。
チョット甘めの白和えが好き。
翌朝のお通じの良さが大好き。

福寿草が咲き始めた

2010.02.08.18:10

 春は名のみの風の寒さや・・・。
ですが福寿草が咲き始めました。
P2073758.jpg
日当たりの良い場所ではご覧の通り。
心が和みます。自然は強いです。
後は経済も回復をと願います。

海老穴子天丼@金万/飯田

2010.02.07.13:12

 久し振りの金万です。
メニューに悩みましたが『海老穴子天丼』2,100円に。
店内に入るとごま油の匂いがプーーンとします。
待つ事10分出て参りました。
P2063755.jpg
堂々と横たわる三重産の穴子。その前には海老は開かれてどーーーんと
鎮座しております。(この写真は相方のそれを後ろから写しています。)
オクラの緑と人参の赤がアクセント。
穴子は肉厚。もっとカリッとでも良い感じ。
ご飯は少ないかなーと思いましたが、最後は充分に
満足な量です。美味しく頂きました。
 最近、お弁当たテイクアウトも始めた様です。

恵方巻きを喰らう

2010.02.06.15:05

 こんな習慣無かったのに、つい近所付き合いで買いました。
だって、サークル*の経営しているんだもーーん。
P2033754.jpg
値段は知らないけれど1本は結構な量でした。
決まった方角を向いて一口食べました。
海老やキュウリや結構具沢山。
これで幸せになれるんなら廉いもんだ。
味も全国共通で旨かった。

鯛の兜煮

2010.02.05.22:00

 鯛なんざーとても庶民には無理。
従って、頭の部分を廉く頂いて来る。
今日も御頭2個で300円。1匹2kgの大物鯛の御頭。
早速生姜を入れて煮た。これはかまの部分。
P1313752.jpg
鯛は頭半分 身が半分 と御頭部分の価値は高い。
少しきつめの味付けは酒にもピッタリ。
貧乏人は旨いのもを廉く仕入るしか手は無い。
養殖物でしたが、結構良い味。
ご馳走様でした。

かりんとう@たちばな@銀座

2010.02.02.22:22

 銀座『たちばな』のかりんとうです。
P1313725.jpg P1313729.jpg
りっぱな缶に入っています。・・・これで2,500円
ころ と さえだ の2種類ありこれは さえだです。
上品な甘さ。久星のかりんとう とは別の世界です。
甘さを好む方には物足りないかも知れません。
番茶でぼりぼり・・・は久星。これは少し上品に。
でもすぐ手が出てしまう旨さです。

春を求めて・・・・。

2010.02.01.20:42

 2月である。春近し。
天気も穏やか。早速野に出て蕗の薹探し。
結果は。
P1313731.jpg
此れだけ取れると、蕗味噌を作ります。
そして辛口のお酒を開けます。
P1313745.jpg
群馬の川場村の酒。水芭蕉の谷川岳とび辛です。
日本酒度+15は結構な味。すっきりして良いです。
最近の+2程度はどうもいけません等と講釈を言いながら
湯豆腐に蕗味噌を載せます。
P1313746.jpg
そして至福のひと時。
この緑色の蕗の薹。一足早い春を満喫。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック