鯨の刺身

2010.05.31.20:09

 子供の頃、本当によく食べていた。
特に、竜田揚げは『もういやだ』と言う位食べさせられた。
当時は居酒屋のおとうしも鯨だった。ナー。
時が過ぎ、今や貴重品になった。
その鯨の肉を戴いた。刺身で戴けるやつ。
チルド状態の身を刺身にするのが良い。
早速食卓にのった。
P5284407.jpg
生姜や山葵、大蒜の薬味で。
アッサリとして癖の無い味。
昔を少し思い出した。今や国際問題の鯨。
早く良い塩梅に解決して欲しい。
スポンサーサイト

車麩の玉子とじ

2010.05.30.19:02

 北陸地方や新潟では普通に使われているらしい。
グルテンが多く、しっかりした麩である。
P5224382.jpg
親子丼やカツ丼の様に卵とじにしました。
煮てもしっかりした形が残り歯応えも良いです。
芽吹き始めた山椒の芽を乗せました。

これ天丼?

2010.05.28.16:47

 天丼(大海老入り):800円の看板が目に入った。
これは食べるしかないと決心。和風レストランと言う
形式のお店です。 
 5分ほどで出てきたのが此れ。
P5284402.jpg P5284401.jpg
 どうして天つゆが有るの?エーーーー。
天丼に汁が掛かっていない。ジャン。
これ天丼ですか?・・・そうです。
丼汁かかっていませんけど?
この汁を掛けて召し上がるお客さんもいます。
と 噛み合わない会話。
決して悪い天婦羅ではない。しかしその天婦羅を
丼に乗せただけで天丼か?・・・?。
確かに海老もそれなりの物が入っている。でも
 ご飯の上に丼汁に潜らせた天婦羅をのせるか、
ご飯の上に天婦羅を乗せ、丼汁を掛けたもの
これが天丼での定義では?
天つゆも決して不味くはないがコクがない味。
 店を出ながらバカバカバカと言いたくなった。
野瀬さんのグルナビに出したいお店かも知れない。

エシャレット

2010.05.26.18:50

 隣りの畑に栽培してあるエシャレット
我が家の畑の二十日大根と交換で戴きました。
P5224384.jpg
味噌マヨネーズで戴きました。
苦味も適当にあり、その割には舌に変な刺激
がありません。酒のお供に良いです。

玉子焼き鍋@有次/京都にしき

2010.05.23.18:14

 以前から欲しかった玉子焼き鍋を買いました。
P5104352.jpg
有次の物で18,900円と値は張ります。
銅製で熱効率抜群。慣らしとして暫くは砂糖も
何も入れない玉子焼きをします。
P5214381.jpg
こんな感じでカーちゃんが頑張っています。
早く油が馴染む事を待っています。

青豆豆腐@小川村

2010.05.22.20:37

 長野の帰りは小川村から大町経由で帰りました。
途中小川村道の駅に立ち寄りました。
目に留まった『青豆豆腐』250円を買いました。
P5204378.jpg
写真では豆腐が緑に見えませんが、結構緑色が付きます。
この辺は西山大豆と言う豆の産地らしく、
北信の名物『醤油豆』も有名らしいです。
 さて豆腐ですが豆の香りと味がはっきりします。
従って醤油はかけませんでした。何もかけない。
又は塩が良いと思います。
250円は決して高くないと思いました。

寿司の定食@えにし屋/長野

2010.05.20.18:50

 長野県美術館で開催中の『エジプト展』に行って来た。
吉村作治さんの発掘した古代エジプトの埋蔵品です。
その前に昼飯。国道沿いのえにし屋さんへ。
確か長野の方のブログで美味しそうだったので。
店内は回転寿司屋をリニューアルした模様で雰囲気ムンムン。
しかしメニューは天丼から握り寿司、丼物まで多様なメニュー。
嬉しいチョイスです。
P5204376.jpg P5204374.jpg
海鮮丼定食:880円と
P5204373.jpg
カーちゃんは散らし寿司定食:880円を。
どちらにも、サラダと茶碗蒸し、味噌汁に香の物。
コーヒーはセルフサービスで。
どちらも、酢飯のボリュームは相当な物。食べ切れませんでした。
米も良い良いものを使っていると思います。
味噌汁と茶碗蒸しは具はめっぽう倹約しています。
しかし此れで880円はお得です。
帰りしな、天丼を頂いている方を。
これまた旨そうでした。

鰹のたたき

2010.05.18.18:26

 目に青葉・・・・・・。
この時期矢張り初鰹ですか。と言う訳で
P5134360.jpg
玉葱と水菜の上に鰹を乗せ、ポン酢をかける物。
アッサリと頂きました。
薬味は生姜でしたが大蒜が好き。

塩味えんどう@平野/錦京都

2010.05.17.19:18

 これも必ず買ってくる一品。
えんどう豆の塩味の味付け。甘さ控え目。
200g460円?です。
P5104355.jpg
 平野はお惣菜の店。色々あり目移りしますが、
最後はこの豆になります。豆の味が即判る一品です。

出汁巻き玉子焼き@三木鶏卵/錦市場

2010.05.16.18:39

 京都の帰りの買い物は錦。
細長い小路で決まって買う中での一品。
P5104353.jpg
1本950円の出し巻きです。甘味を抑えた京風。
有次の特注玉子焼き鍋で焼いています。
木目の細かい焼き上がり。
P5114358.jpg
中々真似の出来ない仕上がり。950円の価値有です。

にしん蕎麦@三千院門前

2010.05.14.21:31

 京都へ入る前三千院へ寄った。
『恋に疲れた女・・・』がいる雰囲気は全く無かった。
それは仕方ないが、食べたにしん蕎麦も不味かった。
P5084306.jpg
この蕎麦950円。あの『松葉』でさえ1,200円。
信州と比較すると蕎麦ではなく全くの饂飩。
決して歯応えが感じられない蕎麦。
一緒に注文したみたらし団子の方が未だマシ。
P5084305.jpg
観光地化した大原のそばでした。
そのご近所の道の駅のカレーが良い匂いでした。

生うに@三陸

2010.05.13.18:45

 実家へ帰ったNさんが地元から送ってくれました。
P5044275.jpg
生うにです。瓶詰めで戴きました。
山国では中々味わえない生うにです。
早速戴きましたが、甘味が凄い。口の中の
蕩け方が違う。旨いなー。
幸せだなー。

羊羹:春もよう@とらや

2010.05.12.18:08

 戴いた羊羹『春もよう』です。
P5104346.jpg
弧を描いた緑の羊羹に黄色と紅の道明寺羹が乗っています。
一保堂の新茶待ちでしたが、13日発売との事。
お先に羊羹だけ頂きました。
流石高いだけあって美味しいです。

たらの芽料理

2010.05.11.20:00

 天候不順で心配しましたが今年も採れました。
遅霜で先が凍る心配も結果OK。
なんと3Kg以上収穫出来ました。その一部。
P5064287.jpg
こんなに収穫出来ると、春を味わうどころかどう処分するかです。
恒例の皆様にお裾分け。残りで胡桃和えや天婦羅に。
P5064291.jpg P5064292.jpg
特に胡桃和えが絶品。風味も味もいいです。
春を堪能です。

雅な京都の春の宴

2010.05.10.16:56

 訳あって京都一泊の旅に出た。御呼ばれです。
高島屋の7F BerカウンターでBeerしてから
はしりの鱧を頂戴しました。旬には少し早いですが・・・。
この盛り付けは錦の鱧専門『まる伊』でしょうか。
P5084314.jpg P5084315.jpg
まずは焙りで戴きました。ポン酢や塩で戴きましたが
アッサリで旨いです。続いては、
P5084319.jpg P5084320.jpg
有次製の鍋でしゃぶしゃぶです。後はオジヤも。
この鍋 たいそう高価。欲しいが手が出ま・・・。
実はここまでは前奏。本番は、
P5084324.jpg
花街 宮川町。そうです 舞妓さんがいらっしゃるお茶屋さんです。
数年前、道路を石畳に改装されてから雰囲気は最高。
いまや評判がうなぎ上りの花街らしいですね。
ここからは詳しく書けませんが、このようなお嬢様とご一緒に。
P5084329.jpg
楽しいひと時を過ごしました。花名刺も頂きました。
こうした舞妓はんと花見小路を歩けるなんて夢でしたから。
時計が1日を区切る頃、さよならしました。




春の冷奴

2010.05.07.21:36

 春の季節外れの雪が降ったと思ったら
今度は真夏日になったりして、ややこしい。
暑い日は冷奴が旨い。トッピングは春を演出。
山椒の芽で山椒味噌を作ったり、行者大蒜を
刻んで、醤油と味醂に漬けた。
P5064290.jpg P5064294.jpg
これは酒も進みます。

ヨモギ草餅

2010.05.06.18:47

 春爛漫シリーズです。
野にヨモギが芽を出し、「草餅を作ってくれ」と呼び掛けていました。
それではと言う事で相成った次第。
P5014240.jpg
粳米と餅米のミックスした粉を使います。
つぶ餡も自家製。ヨモギの緑が春を印象付けます。

独活の酢味噌和え

2010.05.05.13:07

 お友達より独活を戴きました。
寒い信州で南に面した土手に籾殻を敷き、
栽培した貴重品です。
P5024253.jpg
今年は季節が定まらずいましたが、自然は力強いです。
早速、季節の蛍烏賊とキュウリで酢味噌和えです。
P5024259.jpg
独活の香りが濃い味を引き立てます。
美味しく戴きました。

春爛漫の味覚

2010.05.02.16:15

 南アルプスを眺めながら一杯呑んだ。
里は春爛漫。遠出する気にもなれず百姓仕事に没頭
も良いが、偶には此れも良い。
P5014249.jpg P5014241.jpg
鯛も炭火で焼いた。
そして掘り立てのタケコノ、シイタケで春の煮物。
山菜の天婦羅も出てきた。
P5014247.jpg P5014248.jpg
これぞ言う事無しの春爛漫の味覚。
これ以上いっぱい作って戴いたが、季節代表でアップ。
ご馳走様でした。


中華三昧?

2010.05.01.15:15

 朝天辣椒もかって有るし、ラー油も作ったので
麻婆茄子豆腐とチャーハンでも作ってもらった。
P5014229.jpg P5014235.jpg
麻婆茄子豆腐には、アスパラまで入れちゃった。
微塵切りニンニクを炒め、同時に朝天辣椒を少し入れた。
手作りラー油も入れて味を調える。
此れで丸美屋のそれが1ランク上がる料理に変身・・・。
山椒が無く残念。ちょっと痺れが無い味になった。
 チャーハンはエノキダケの瓶詰めを入れた。
これまた結構。麻婆茄子豆腐をかけて戴いてもこれまた結構
な味。金の無いG/Wは家でのんびり百姓仕事。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック