かき氷

2011.07.31.15:18

 夏の風物詩ですが最近食べてなかったなー。
P7255950.jpg
かき氷と言えば、イチゴかメロンが色的にも定番。
今回は小布施の栗の木テラスで生マンゴーです。
420円でちょっとリッチな気分です。
只甘さはかなり控えめ。全部はとても消化出来ず
周囲に消えました。
スポンサーサイト

冷し中華(2)

2011.07.29.10:37

 台風一過 灼熱の太陽から解放されています。・・・ウレピー。
この一週間電力各社が随分助かっているのでしょう。
先週韮崎のラザウォークに立ち寄った時も冷し中華。
P7175927.jpg
ごまだれを自分で掛けるタイプです。味は結構好きな味。
でも、具の少なさには失望です。これ850円ですからね。
スープも良いけれど、具を増やしてほしかったのでした。

のっけ丼@青森魚菜センター

2011.07.27.21:17

 ホテルでの無料朝食を差し置いてセンターに出掛けました。
P7155923.jpg
ここは鮮魚中心に数十軒のお店が市場として動いています。
お目当ては『のっけ丼』です。
P7155921.jpg
1ぱい100円でどんぶりに盛ったご飯を買い、後は市場を回って
好きなお刺身や海鮮物をどんぶりに載せて出来上がり。
海鮮物は100円単位で売っています。
ホタテ、ヒラメ、マグロ、マグロ中落ち、イクラ、海鞘の塩辛、と載せ
100円の味噌汁を買って朝食。1,000円以内で充分な量と質。
満足な朝食となりました。

海鞘

2011.07.25.20:49

 三陸や青森ではやはり海鞘をいただなくては
と言う事で注文しました。
P7145912.jpg
殻が尖っているのが天然の物との説明でした。
山国の信州の人間。養殖もあるのかと驚かせれます。
そう言えば偶に頂くチョッピリ臭いのは尖っていないですね。
今回の海鞘。臭味はまるで無く美味しく頂きました。

お刺身盛り合わせ

2011.07.24.14:34

 青森駅より徒歩5分のすし居酒屋『樽』。
お刺身盛合せも頂きました。
P7145908.jpg P7145909.jpg
大間のマグロをはじめ、のど黒、ヒラメと十数種類のお刺身オンパレード。
豪華絢爛のお刺身で、青森の地酒を満喫です。

豪華な『お通し』

2011.07.23.12:14

 青森駅前の居酒屋へ行った。
居酒屋と言ってもむしろ限りなく寿司屋に近い。いや寿司屋である。
そんな感じの呑み処である。平日にも関わらず結構混んでいた。
 女将に信州から来たと伝えたら、じゃーお通しは豪華にするね。
と言われて、出て来たのがこれである。
P7145902.jpg
鎮座まします雲丹。タコの頭の部分とワカメの酢味噌かけ。海藻の三杯酢(名前失念)。
山から出掛けた者は生ウニには弱い。嬉しい。旨い。
 一般的にお通しは、そう大した物は出ない。ヒジキの煮付けとか、
本流から外れた素材を生かした物を利用するのが常道。」
しかしここはチョット違っていた。
P7145903.jpg
生臭くない。甘い。感激しながら頂きました。
そしてお刺身も注文しました。

 次回へつづく。

ざる蕎麦

2011.07.21.18:04

 家庭菜園の手入れの後の昼食。
カーちゃんは作る元気も萎えてしまう。
ジャーと言う事でざる蕎麦へ。
P7185939.jpg P7185940.jpg
公務員を退職して始めたこのお店。今年で3年目。
自家製粉のそば粉は若干粗い感じ。のど越しがちょっと悪い。
つゆは中庸なもの。もう少し主張した(とんがった感じ)が僕は好き。
菜園で獲れたきゅうりがモロキューでサービスとして置いてあった。
これはこれで美味しかった。

黒石つゆ焼きそば

2011.07.20.11:36

 地元にはローメンがあるけれど、焼きそばを
スープに入れた『つゆ焼きそば』にも興味があった。
新青森の駅中で賞味する事が出来ました。
P7155925.jpg
太平麺をソースで炒め、ウスターソース味のスープの中に。
お決まりの天かすとネギ。テーブルには大蒜入り胡椒と大蒜入り七味唐辛子。
ヤキソバでもなく、ラーメンでもない不思議な食べ物。
何故か、カレーお香りがしています。多分カレー焼きそばを作った後の
鉄板の香りが移ったのでしょうか?
3人で頂きましたが皆さん完食でした。
一度本家黒石市内で食べる事が出来たらと思いました。

緑のカーテン

2011.07.18.09:21

 省エネとやらで緑のカーテンを。
P7185938.jpg
電力危機以前からやってましたが、効果の程はわかりません。
ヘチマやゴーヤではなく朝顔。ヘブンリーブルーです。
結構大輪の朝顔。まー朝は清々しい気分ではあります。
 庶民はこうして省エネですが電力会社は本気でしょうか?
何か原発の重要性を誇張する動きに見えますね。
今から20年ほど前、中国進出盛んな頃は、中国では電力供給が安定せず
工場建設に合わせ自家発電も導入する企業がいっぱいありました。
そして今、それを彷彿とさせるこの惨状。
 そして気になる事一点。夜間用の街灯が結構日中点灯してます。
これ全国合わせたら結構な量では?明暗センサーの不具合でしょうが
電力会社もこの辺点検したら?

サラダ麺(冷し中華)@無尽蔵/品川

2011.07.16.15:33

品川で昼食。暑さの中品達に行く勇気無く
NTTビルの中、『無尽蔵』になりました。
P7145876.jpg
いわゆる冷し中華ですが、野菜のトッピングが売り。
ガラスの器で最後まで冷たく頂けました。
麺が売り物の無尽蔵。確かにシコシコ麺は美味しかったです。
スープもあっさりで。OKでした。

夕張メロン

2011.07.10.20:58

 この時期のお楽しみ。
P7095857.jpg
自腹では中々手が出ない物です。
届いて1日経過したら部屋中がメロンの香りに包まれました。
早速冷やして頂いた次第。
中玉ですが、香りと甘さが濃いですね。
10か月の孫娘も初めての夕張メロンに
顔を綻ばせておりました。ご馳走様でした。

ローメン@梨花/辰野町

2011.07.09.16:29

 ローメンは伊那市中心のB級グルメですが、伊那谷最北端の辰野にもあります。
『梨花』はその中でも歴史も長く、既に半世紀の歴史を持っています。
辰野駅前でいつも良い大蒜を焦がす匂いを出しているのが印象的。
ここのローメンはヤキソバタイプとスープタイプに中間的な感じ。
P7085856.jpg
食べ進むと皿の下に僅かに下ろし大蒜いっぱいのスープが残ります。
キャベツを食べ進むと麺がいっぱいのローメン。
そのまま頂いても良いのですが、ラー油、ごま油、酢、七味唐辛子を
掛けて自分流に味付けするのもB級の特権です。
明日朝の大蒜臭を少し気にしながらほうばりました。

かりんとう

2011.07.07.15:46

 花林糖は油菓子であるらしい。
油で揚げて砂糖をまぶしてある。
P7075855.jpg
左の上品な感じのかりんとうは、湯島『花月』
右の野性的な感じのかりんとうは、松本の久星と思われる。
花月のそれは甘味も上品。中のサクサク感が良い。
一方は黒糖のコートが全面に出て、甘味も黒砂糖のそれだ。
信州で漬物と一緒に楽しむには黒い方。
ちょっと贅沢にお茶しながら・・・、は白い方があっている。
と思いながら、黒い方を口に入れた。

桃@韮崎/山梨県

2011.07.05.18:32

 帰り道季節の果物の桃を探しました。
韮崎付近は10日程度の遅れの様子。
早生の『ちよひめ』をようやく1軒探しました。
P7045851.jpg P7045852.jpg
1箱だけもぎ取り、お土産に致しました。
未だ果肉は固く、桃ではなくリンゴに近い歯触り。
でもほのかな桃の香りが夏のイメージ。
最盛期は7月20日以降との話でした。

ざるそば@『勝乃家』/北杜市

2011.07.04.16:26

 温泉探索の帰りに立ち寄りました。
平日ながら昼時で結構客が入っています。
P7045849.jpg
大盛りで735円。大盛りと言いながらそれ程の量ではありません。
つゆも蕎麦も価格を考慮すれば十分合格の内容。でも
ここは1680円の蕎麦定食を注文すれば、
ざるそば10杯迄追加可能。なんと最高17杯の記録もありました。
P7045848.jpg
この御仁8杯の記録らしいですね。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック