さようなら2000系

2012.03.31.11:45

 昭和32年以降長野<>湯田中を走り続けた電車が
姿を消しました。
P3126731.jpg P3126735.jpg P3126733.jpg
これは、善光寺門前の『八幡屋磯五郎』の七味唐辛子の記念缶です。
中々味な事をやってくれます。
中身は兎も角、缶が欲しくて買いました。
戦後の成長期、山国信州にも新車の電車を導入する力が有ったのです。
以降は小田急やJRのユーズドカーを使っています。
GDPが中国に抜かれ、人口が減少に転じ、年金が不安になり、
風靡した電車も去っていく。寂しいもんがあります。
 そう言えば最近、TVでメリーポピンズの『悲しき天使』が
流れています。
1968年ビートルズが作ったレコード会社アップルから
出た曲でした。聞いていると
あの頃にタイムスリップします。あの頃はサンレモとか
ユーロビジョンソングコンテストとか言って
騒いでいました。全てが明るかったナー
野際陽子や下重暁子がNHKを去り、落合恵子をレモンちゃん呼んで
騒いでいた時代です。
随分歳を取ったもんです。


スポンサーサイト

野沢菜の油炒め

2012.03.29.19:59

 ようやく春らしい気温になってきました。
P3166744.jpg
3月になると野沢菜の漬物も底をついて来ます。
そして最後に残るのは、保存用に塩分を高めた野沢菜漬けです。
これは、漬物で頂くのではなく塩抜きして、油炒めにします。
僅か唐辛子を入れ、アクセントも付けます。
おやきの具、熱いご飯の上、お茶の友、生野菜の無い
信州の初春に食べ物です。

ステーキランチ/『ビーフオークマ』名古屋松坂屋

2012.03.28.17:52

 名古屋へ行ったのに名物とはかけ離れています。
P3186761.jpg P3186764.jpg
本来なら、蓬莱軒のひつまぶし・矢場とんのわらじカツ・
山本山の煮込みうどんはたまた質素に『豪華モーニング』もですが、
お土産買いのデパ地下を考慮すると、『ビーフオークマ』
でのランチにたどり着きました。
200g2000円のステーキランチと3000円の
松花堂になりました。パンもお替り自由で空腹にはGood
お肉はオーストラリア産ですが、お値段相当。
そーいえばこうした場面は久し振り。
カーちゃんのお弁当は内容もよく満足な様子。
ゆっくりしたランチでした。

ノリタケの森アウトレット

2012.03.26.09:18

陶磁器の見学もさることながら女性陣の目的は買い物。
P3260636.jpg
アウトレットショップ『ボックス』には
掘り出し物もあります。但しその情報取集が大事ですが。
今回はマグカップ。写真右端が掘り出し物。
ノリタケ製ボーンチャイナです。
既に今年のカタログからは外れていますが、昨年までは
****円で載っています。4割引きで買いました。
 小生はその左側の大倉陶苑製。これは残念ながら
正価での購入。絵柄が正面からお見せでき無いのが残念。
槍ヶ岳と高山植物が描かれております。
散財して以降の生活費を切り詰めて、心の贅沢となりますか?。

手羽先

2012.03.25.17:04

 先週名古屋へ行ってきました。
P3256792.jpg
名古屋駅の傍、ノリタケの森の見学とショッピングを兼ねて。
ノリタケは旧森村財閥の一角をなす会社。
グループ会社(極めてゆるい繋がりですが)にはNGKや
TOTO、日本ガイシなど今の日本を背負っている会社が一杯。
ノリタケは陶磁器の有力会社ですね。
 そこで、1200万円もする食器を観たり、
ボーンチャイナの製造工程を見学しました。
中略。・・・お昼の紹介は次回に。
帰りに松坂屋地下で買ったのは名物『手羽先』
P3196775.jpg P3196777.jpg
一つ80円~90円程度の手羽先ですが、お店により
仕上げも味付けも違います。小生は右側の94円の物が
好みですが食べ易さは左側に軍配が上がります。
味は全体に濃い目。保存性もあるのでしょうか。
塩味を買わなかった事が悔やまれました。

 他人様の写真をドウコウ言っていますが、
この写真W/Bもイマイチ。構図も良くありません。
もう少し引いて撮って、空いた左下にBeerのコップを
入れるか、右上に何か置けば立体感と落ち着きが出ますね。
頑張ります。

ナズナのお浸し

2012.03.23.10:26

 外は名残雪でございます。
P3236786.jpg P3236784.jpg
鉢植えにも若干の積雪があります。と言っても春はあちこちに。
カーちゃんがナズナを摘んでまいりました。
七草粥に入れる栽培物ではなく、野生の香り高い物。
P3116724.jpg
金は無いが時間はどうにかなる我が家では野生に食材を求めています。
早速茹でて鰹節を掛けて食卓に出ました。
野生の食材は摘む事は楽しいのですが、そのあとの手入れが大変。
泥やゴミを落とす作業が待ち構えています。
さてその味。味よりも香りが強いです。
若干の苦みと緑臭い独特の味。これも春を感じる食卓の一品です。

お味噌汁

2012.03.21.21:11

 蕗の薹を頂いたので味噌汁に入れました。
P3206779.jpg
蕗の薹は香りと苦みと緑色が命。大きく刻んで味噌汁に。
豆腐とエノキでは香りは有りませんが、蕗の薹で
春真っ盛りです。
食い物系のブログでも味噌汁は中々出てきませんが、
偶にはこんな春も良いのでは。

牡丹餅

2012.03.20.07:37

 お彼岸です。
P3176758.jpg
ようやく春の気配ですが今年は寒過ぎます。
しかし、福寿草が咲き水仙も伸び始めました。
牡丹餅は餡子で黄粉も付けてみました。
小豆の香りと素朴な甘味が良いですね。

鮪と菜の花のからし和え

2012.03.17.22:38

 この時期菜の花は春を感じさせます。
P3116728.jpg
安いマグロと菜の花を辛子醤油で和えました。
特に大きな感激も無く美味しく頂きました。

カステーラ@松浦軒/岩村・恵那

2012.03.14.17:20

 東濃の城下町岩村。そこにあるカステーラです。
P2186667.jpg P2256685.jpg P2256689.jpg
岩村から長崎へ蘭学に出た方が長崎から持ち帰った物。
それを忠実に再現しているとの事。確かに今のカステラに比べて
実に素朴です。悪く言えばお菓子作りに目覚めたお嬢様の作品みたい。
若干ボソボソ。しかし甘さはすっきり。口に甘さが残りません。
美味しく戴きました。子供にも安心してあげられます。
 そう言えば長崎には300年以上の老舗『松翁軒』がありますが、
何か関係でもあるのでしょうか?似ている店名ですね。

山菜おこわ

2012.03.09.08:33

 なぜか急に食べたくなりました。
P3026694.jpg
昨年伊那のある地区へ行った時、この山菜おこわを
お稲荷さんの皮に包んだ『稲荷山菜おこわ』を戴きました。
その味が実に田舎風で美味しかったので、再現を・・・と
思った次第。
 しかし、都合で叶わずおこわ単品となったのです。
が、味は一級品。もち米の『白毛米』が旨い。
山菜も良い仕事をしてます。

ふき味噌

2012.03.05.10:00

 春近し。野原に出たくなる。
雪が消えかけて、陽だまりには蕗の薹が顔を出します。
少しですが採ってきて、早速ふき味噌にしました。
P3036717.jpg
我が家の課題は如何に緑の色を残したままで味噌にするかです。
今回はカーちゃんが頑張りました。・・・結構緑色が出ています。
蕗は灰汁が強いので、手と掛けないとすぐに黒くなります。
これでは味は兎も角、春が演出出来ません。からね。
早速こんな具合。
P3046721.jpg
白いご飯にふき味噌を乗せました。
(バックが白故写真では若干黒くなりましたがご容赦)
口の中に広がる香りと苦み。
早春です。

ひな祭り

2012.03.04.17:32

 ひな祭りでした。(孫の)
P3036708.jpg
ぼんぼり型のろうそくに灯をつけました。
ちらし寿司を作りました。
余った寿司でお稲荷さんも作りました。
P3036701.jpg P3036713.jpg
信州にも春がそこまで・・・。と思います。

豚肉の塩麹漬け蒸し

2012.03.02.10:59

 料理の名前は適当です。要は塩麹に漬けた豚肉を
モヤシとキャベツを敷いた上で蒸した物です。
P2296690.jpg
最近は塩麹がブームらしいですね。塩豆腐の次を狙っています。
塩麹なんて昔からあったのかしら?それともTV局の陰謀?
兎も角、とんかつ用程度の厚切り肉を一晩塩麹に漬けて、
野菜の上に置き、蒸した物が写真です。
塩加減も良く、Beerの友になります。
アクセントに紅ショウガを置きましたが、さっぱりして良いです。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック