新生姜の甘酢漬け

2013.06.29.16:31

 お口直しと暑気払いに最適と思い・・・。
P6258314.jpg
暑い季節食欲減退?やお口直しに最適です。
新生姜を甘酢で漬けました。
生姜の辛さは甘酢がかなり抑えてくれて
寿司屋のガリよりもあっさりの甘酢漬けです。
刻んでちらし寿司に入れても重宝します。
スポンサーサイト

野沢菜の油炒め

2013.06.28.13:39

 越冬用に塩漬けしておいた野沢菜を処分。
P6198307.jpg
捨てようと思うも、鼈甲色のそれを見て躊躇しました。
発酵が進み酸っぱくなってはいるものの、旨そう。
と言う訳で急遽油炒めにしました。
 加熱すると酸味はほとんどが甘味と旨味に
かわり、油炒めが完成です。
味は、野沢菜おやきの中身のそれです。
ご飯やお酒のあて。チャーハンにしても良いかな。
半分は冷凍して後程。

茄子の素揚げ

2013.06.26.08:41

 茄子も収穫が始まりました。
P6258311.jpg P6258312.jpg
菜園には米茄子、超長茄子、長茄子の三種が育っていますが
どれも収穫が出来る状況です。
元成りの実は早めに取らないと今後の
収量が落ちるので早めの収穫です。
 取れた茄子は素揚げと揚げ浸しにしました。
柔らかさがあり初物を美味しく戴きました。

ズッキーニとチーズのオーブン焼き

2013.06.24.14:28

 いよいよズッキーニも収穫に入りました。
P6198310.jpg
ズッキーニも獲れだすと一挙に収穫に。
料理法は色々あるようですが簡単なのこれ。
ズッキーニとベーコンを切り、とろけるチーズを
乗せてオーブンへ。待つ事10分
タバスコ掛けて戴きます。
これもワインやBeerに最適です。

玉ねぎの甘酢漬け

2013.06.22.14:08

 赤玉ねぎの収穫に合わせ作りました。
P6198309.jpg
血液サラサラ効果も期待していますが、
これは新玉ねぎの時がチャンスの料理。
スライスして甘酢に漬けて一晩置くだけ。
 お肉や脂っこい料理には当然合いますが、
このまま一品としても結構いけます。

コーヒーのお供

2013.06.21.11:36

 コーヒーカップはさておいて、サイドのお菓子。
P6198292.jpg P6198293.jpg
コーヒーその物をさることながら、サイドのお菓子も
楽しみの一つ。頂き物を小出しにしながら
ご近所のご同輩に声を掛けて
コーヒーを(そして他愛も無い会話を)楽しんでいます。
特に雨の一日はコーヒーも話も弾みます。
この日は、ハラダのラスクと霧笛楼の煉瓦シリーズ。
カロリーだけが気掛かりな逸品です。

14代柿右衛門を悼む

2013.06.20.09:22

 14代柿右衛門が亡くなられました。
P6198289.jpg 
数年前有田でかった我が家唯一の柿右衛門です。
雨の一日でしたがこれを出して見ました。
これは有田でしか販売していないカップです。
臆病な我が家では未だ実際にコーヒーを注いで
使用した事はありません。
今日も見ているだけで棚に戻しました。

電子レンジで新玉ねぎのそのまま蒸し

2013.06.19.08:46

 新玉ねぎを収穫しました。
P6168285.jpg
新玉ねぎの旨さや甘さを実感する簡単料理です。
十文字に包丁を入れて、塩コショウとバターを乗せ
電子レンジでチン。待つこと5分。
甘ーい柔らかい玉ねぎの蒸し物完成です。
このままフーフー言いながらどうぞ。
白ワインなんかにも合います。
インスタントコンソメスープの素や
鰹節の粉を掛けてチンしても良いでしょう。
バターはなるべく良い物を。

新生姜の佃煮

2013.06.17.09:34

 生姜の佃煮(土佐煮)です。
P6118278.jpg
夏の暑さを乗り切るスタミナの起爆剤です。
食欲が落ちた時。食事にアクセントを付けたい時。
チョットしたお茶請けにも合います。
針生姜にして素麺にトッピングも良いかも。

破竹の土佐煮

2013.06.14.20:47

 蛍が舞う頃戴きます。
P6148281.jpg
破竹の土佐煮です。
細長い破竹の柔らかい部分を湯掻いて土佐煮に
しました。
濃い味付けを避けて若干の薄味。
破竹の香りや味が際立ちます。

2013.06.12.08:34

 年金が出るまであと数日。
P6118275.jpg P6118274.jpg
苦しい家計の助けには野にある山菜でフォローです。
梅雨はずーっと休んでいますが、山の蕗は元気に伸びています。
そこで蕗を抜いて、きゃらぶきと竹輪と油揚げを加えて
煮付けとなりました。
 これは『ご飯が進君』です。『お酒が進君』です。
13日の人間ドックを前にお酒は控え目。ご飯も控えめ。

海鮮が食べたくて・・・

2013.06.10.20:34

 縦長な長野県。長野市には日本海の魚がいっぱいでした。
P6068271.jpg P6068270.jpg P6068269.jpg
長野市からは日本海迄車で1時間半もあれば充分な距離。
魚も日本海から運ばれてくる様です。
立ち寄ったお店もなんと佐渡からのお魚が一杯で、
結構豪華なお昼が800円前後で戴けました。
我が地元にも欲しい様なお店でした。

偶には美術館も

2013.06.07.18:19

 6月の新緑の中で偶には美術館へもと・・・。
P6078272.jpg
地元八十二銀行の82周年記念の企画展です。
印象派がどうのこうのと言われてもさっぱりですが、
このチケットの婦人の絵を観たくて長野市へ。
 静かな雰囲気の中で、鑑賞出来ました。
マネの『灰色の羽根帽子の婦人』あまり大きな絵では
無かったですが、実物の合えて感激です。
印象派の変遷からピカソの三次元の表現迄
流れだけは掴めて来ました。(すぐ忘れますが・・)
 お隣の東山魁夷の少年時代のデッサンも
大変面白く拝見して来ました。

甘夏とオレンジの寒天ゼリー

2013.06.04.14:43

 かんてんぱぱホールに併設されている喫茶『桂小場』
P5308243.jpg
桂小場は中央アルプスの登山口の名前です。
かんてんぱぱ自慢の寒天を使ったゼリーです
オレンジジュースを使った寒天に、甘夏の果肉が入っています。
甘さも控えめですし、強烈な酸っぱさもありません。
結構なボリュームでしたが、平らげました。
初夏にうってつけなスイーツです。

ロイヤルコペンハーゲンでコーヒーを

2013.06.01.21:39

 物は器で食わせる・・・と言いますが。
P5308240.jpg
伊那食品㈱にあるホール内の喫茶コーナーです。
器の多くはロイヤルコペンハーゲンを使っています。
普段、大倉陶苑の器でコーヒーを楽しんでいますが、
コペンハーゲンも嬉しい器ですね。
美味しいコーヒーが一層引き立つ気がします。
開けた窓から見える梅雨の合い間の緑を愛でながら
コーヒーを戴きました。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック