蛤と鯛の白子のしゃぶしゃぶ

2017.04.29.14:53

河豚にも負けない鯛の白子のシャブシャブです。
P3050309.jpg
初めて経験でしたが美味しいです。
鯛の白子。ネットリ、スッキリ、もっと欲しい・・・。
此処からは、Beerからお酒にチェンジ。
蛤も大きくて柔らかい。
シャブシャブした後の汁が良いお味。
全部飲み干しました。
スポンサーサイト

夜空

2017.04.23.21:07

食べもんばかりでは・・・・と思い。
P4230002.jpg
桜を見上げながら、星も一緒にと欲張りました。
今年は天候がこの手の撮影には向いていません。
久し振りの雲一つ無い澄み切った夜となりました。
桜も満開。星も綺麗でした。
P4230005.jpg
風が出て来て桜が揺れ出しました。
桜の右上の大きな星は北斗七星です。
おまけに太陽の光が僅かに残る南の空です。
P4230001.jpg
信州は春爛漫。

ヨモギ餅

2017.04.21.20:02

 野原にヨモギが伸び始めました。
P4190014.jpg
するとヨモギ餅が食べたくなります。
我が家で作るにはもう1W先になりそうで。
(実はこの写真は既製品ですが・・・)
居てもたってもいられず、既製品を買いに出ました。
桜が入った皿に載せて頂きました。

野山の恵み(1)

2017.04.19.16:06

春になって・・・
P4190013.jpg
椎茸が出始めました。
ここ数日の雨の恵みで顔を出しました。
早速夕食の食卓に上ります。

鯛の松笠揚げ

2017.04.17.16:20

揚げ物です。
P3050313.jpg
これも初めて戴いた揚げ物
鯛の松笠揚げとアワビの揚げです。
鯛の鱗ってこんなに旨いのか!と感激です。
そういえば、佐久地方で鯉の鱗の唐揚げを戴いた
事あったけー。旨かった記憶が僅かあるような。
鮑も柔らかくお酒が進みました。

筍と蕨

2017.04.16.19:37

この時期の山菜と言えば・・・
P3050316.jpg
筍と蕨の炊合せです。
鰹だしがすこぶる効いています。
木の芽の緑が春を演出。
柔らかい筍。旨いです。
無礼に成らぬ様気遣いながら、器を空けました。

水前寺海苔

2017.04.13.10:49

初めてお目にかかりました。
P3050301.jpg
鱒や桜鯛、雲丹のお刺身の中で鯛の前に鎮座する黒い物体。
これが水前寺海苔と教えて頂きました。
昨年の熊本地震で絶滅の危機なのですが、どうやら
一部復活したとのお話もあります。
味はほとんどなく、サク?シャキ?微妙な食感。
沢山ないので良く判りません。
貴重品と言う事は判りました。

プレミアム?ビール

2017.04.09.18:39

自分から買う気には・・・。
P3310014.jpg
発泡酒でも充分に美味しく感じるんですが、戴ければこれは又旨い。
量は多くは飲まない(呑めない)自分は、この程度の量でも満足。
確かに濃い味と爽やかさは言われてみれば、違う気がする。
さて、Beerで一番美味しいと思ったのは、Beer工場のレストランで
呑み放題のBeerとBBQをした時。自宅であの時の様な
Beerを呑みたいものだ。・・・消費者の夢。
醸造家の夢も良いが、消費者の夢をかなえてもらいたいと思う。

雛祭り懐石の先付

2017.04.07.18:25

先付けを見た途端その世界へ
P3050294.jpg
P3050297.jpg
雛人形が優雅です。
サーモンを巻、キャビアをあしらっています。
片や、鯛を巻いています。
赤貝の酢味噌和えや飯蛸の煮物も旨かったです。
P3050296.jpg
白酒に梅の花びらを浮かべてその価値を高めます。
京都はお金を取るのが上手いナー。

さくら

2017.04.04.15:56

どうやら寒気も抜けていく様で・・・。
P3050322.jpg
愈々春本番。桜満開となりました。
京都2日目の夕食に案内されたお店。
玄関にはこの絵が迎えて呉れました。
平安の桜見物の様子?でしょうか。
作者はあの北野TKSさん。
P3050287.jpg
拡大したこの部分に本人がいるらしい。
(刀に手を添えている人)
それにしても多才な方ですね。
この絵に感心しながら心は酒宴の世界に・・・。

フグ刺し

2017.04.02.15:24

 お終いのギリギリになりました。
P3240002.jpg
フグは秋の彼岸から春の彼岸迄がシーズン。その
フグ刺しを戴きました。しかも京都錦の『まる伊』の物。
最近の錦市場は観光客が多過ぎて地元の方は敬遠されていますね。
だって串刺しの玉子焼きやらヤキトリやらを食べながら歩く観光客が多いのなんの。
そうした中で、『まる伊』は冬はフグ・夏は鱧の2種しか売らないお店。
従って観光客はゼロ。あくまでもプロと地元を対象にしています。
このフグ刺しを瀬戸物の平皿に盛って店頭に出されます。
専用のネギに巻き、ポン酢で戴くフグは弾力があって最高です。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック