FC2ブログ

今年は此処まで

2017.12.30.14:58

 色々あった2017年も明日は大晦日
PB100122.jpg
ミサイル・核実験・不倫・選挙・ダメ野党・ダメ相撲協会
株価好調・9.98秒・日本版GPS・わからんトランプ・・・・
色々あった2017年でした。
来年2018年が良い年であります様に。

(日本海に沈む夕日:柏崎近郊にて11月写す)
スポンサーサイト



ドーナツまんじゅう

2017.12.29.11:08

 暮れになると色々な物を戴きます。
PC290056.jpg
伊那市の山奥旧長谷村から『ドーナツまんじゅう』を戴きました。
これ以上人は住んで居ないと思われる山奥にあるこのお店。
TVでも何回か放送された御菓子です。
饅頭を揚げるのは結構全国にあるのですが、
この杉島のドーナツまんじゅうも有名です。
至ってシンプルな材料、餡は白黒の2種類。
田舎で甘い物が貴重だった昔は
さぞかし貴重なお菓子だったのでしょう。
1個戴くのはきつく、半分にして戴きました。

干し柿とチーズ

2017.12.27.15:02

 沢山干し柿を求めたので。
PC240048.jpg
市田柿が沢山あるのでチーズを挟んで酒の友に。
これは日本酒ではなく、洋酒系が会いそう。
小さ目に切ったのでお腹にも溜まらない。
夜長にブランデーでも傾けたらいいね。

ローストビーフサラダ

2017.12.26.16:14

 彩豊かにクリスマス
PC230047.jpg
見た通りののサラダです。
クリスマスでワインでもとなれば色彩豊かにしなくては。
手持ちの野菜とビーフを大皿に盛り付けました。

メリークリスマス

2017.12.24.16:47

 仏教徒のプーさんですが
PC230042.jpg
孫との付き合いでクリスマスもしちゃいます。
女性連が頑張ってケーキをこさえました。
本物の柊の葉も飾りました。

市田柿

2017.12.23.15:00

 南信州特産の市田柿です。
PC230041.jpg
12月中旬になって白い粉が吹いて美味しくなってきました。
売り物は硫黄で燻蒸するので、身が濃い黄色か琥珀色になります。
中央の1個は我が家で作った干し柿。自然そのままです。
表面の白い粉は糖分。寒く乾いた空気でないと発生しません。
今日はこれを使ってカナッペやチーズで挟んでワインの肴に。

天麩羅うどん

2017.12.17.20:41

この時期寒くなると温かいうどんが良いね。
PC170039.jpg
香川県高松からうどんが届いたので天麩羅うどんに。
今年は大庄屋のうどん。
つゆの醤油も地物が付いていました。
こしのあるうどん、喉越しも最高。
温まったお昼ご飯でした。

冬のメロン

2017.12.16.11:11

 最近は冬でもメロン出荷しているんですね。
PC160037.jpg
お歳暮にリンゴを送ったらメロンが届いた。
熊本産である。温室で栽培しているのでしょうか。
温かい居間に数日置いて追熟、今日口に入った。
夏のメロンと変わらない甘さ。至極極楽。
束の間の贅沢を味わった。

掻き揚げ

2017.12.14.20:20

 豊富な在庫野菜で
PC140032.jpg
かぼちゃとサツマイモのかき揚げです。
かぼちゃ・サツマイモ・針生姜・銀杏(今回在庫なし)を
使った掻き揚げです。生姜があっさり感を演出します。
紅ショウガでも良いでしょうネ。抹茶塩が合うと思います。

冬はおでん

2017.12.11.20:09

 寒い夜はおでんに限る?
PC110028.jpg
大人数の我が家では大きな土鍋で沢山仕込みます。
ヒョットしたら小さな居酒屋を凌ぐ量かも。
この写真は1回目を小分けした後。是だけ仕込むと
数日は戴ける筈。味が浸み込んだ明日の方が
人気となる訳です。

きんつば

2017.12.07.15:12

 一時は消えてゆくのかと心配したこの御菓子
PC070010.jpg
それなりに生き延びています。
これは南信州飯田『和泉庄』のきんつばです。
飯田は和菓子のお店が沢山ある街なんです。
その中でこれは、寒天を使わずやんわり固めてある丸いタイプです。
刀の鍔そのものですね。
甘みはかなり抑えめ、1人1個戴ける甘さ。
歌舞伎座地下の土産フロアーでも
『いろは金つば』として実演販売しています。

ネギと烏賊の酢味噌和え

2017.12.04.16:38

 意外と豊作だったネギをふんだんに使って
PC010007.jpg
烏賊とネギの酢味噌和えです。(葱ヌタの応用)
信州特産?の煮イカを使います。
要は茹でて売っている烏賊があるのです。(煮イカ)と呼んでいます。
これを酢味噌で和えました。
これで日本酒を・・・・。いけます。

 ところでお相撲さんの世界は未だ荒れていますね。
会社って言うところは、社長以下役員が居る訳だけど、
一般的に経営層は営業出身・開発出身・製造出身・管理出身
とその前歴は様々ですよねー。最近では社外取締役を一定数いれています。
又管理職に向く人、向かない人が居る訳で、ノーベル賞をもらっても
取締役では無くフェローとして技術屋・開発屋として活躍されてます。
 ところが相撲の世界では勝負に長けた人が親方になり部屋を持ち
理事になり協会を動かしています。
会社に例えると、技術屋だけで経営する会社・営業出身だけ経営する会社
そんなイメージの会社かもしれません。
開発屋としてはぴか一かも知れませんが、果たして経営に向いているか、
マネージメント能力はあるのか?これは別の話ではないかなー。
横綱だから経営能力もあるのか?これは疑問です。
そんな単純な事を思いながらTVを見てました。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック