FC2ブログ

夕張メロン

2019.07.25.14:08

 戴いたから食べられるメロンです
P7200039.jpg
でも食べる時期が難しいです。
着荷時点は未だ青い外皮で、この色になったら食べ頃と
説明は判っているけれど、今回は1日遅れてしまった感じ。
そう言えば前日はかなり強烈な香りがしていた。
でも夕食の食べ過ぎで入る余裕無し。
 切ってみるとこの表情です。
完熟をチョット過ぎた気がしますが、でも美味しい。
束の間の贅沢でした。
スポンサーサイト



祇園祭のオマケ

2019.07.23.15:37

 混雑を避けて戴きました・・・・。
P7140014.jpg
山科に車を置いて地下鉄で市内へ入ります。
市役所前で降りて、寺町通りを下がりました。
松茸で有名な『とり市』の隣『常盤』でのお昼ご飯です。
完全に昭和を残す食堂です。観光客は“ZERO”
関西ですから“ビフカツ丼”800円を戴きました。
ネギの卵とじの上に薄いビフカツが三枚。
赤だしの味噌汁と刻んだ沢庵が付いています。
鱧の落しを考えましたが、ここに落ち着きました。
この日の混雑は烏丸通から西側に集中したみたい。

祇園祭の3

2019.07.20.11:18

 1150回、令和元年の記念すべき祇園祭です。
P7160033.jpg
その祇園祭で常に先頭を行く長刀鉾。
その曳航は小学生が演じるお稚児さんの注連縄きりから始まります。
今年はそのお稚児さんに『鼓月』のお孫さんが選ばれました。
それを祝って(ネタにした)祝い菓子が出てました。
P7160037.jpg
お稚児さんを出すには大変なお金も掛かるらしい?
様ですが、一方商売への取り組みもそれなりでしょうか。
P7160034.jpg
これで1,400円の祝い菓子。記念に買いました。

祇園祭の2

2019.07.18.10:44

 南信州園原との縁深い木賊山町へ
P7140020.jpg
木賊山は世阿弥の謡曲木賊がベースでその場所は
南信州阿智村の園原です。
その木賊山の山に掛ける前掛が200年振りに新調されました。
なんと2人の職人が3年がかりで刺繍した大作。
3360万円と高価な物『金地唐人市場』の図柄です。
50色の絹糸と緑色のクジャクの羽を綿布に直刺している
言わば作品ですね。その拡大部分は
P7140022.jpg
この様な刺繍が施されています。
今年は祇園祭が始まって1150年そして令和元年
節目の新調となりました。

祇園祭の1

2019.07.16.10:04

 日帰りで京都へ祇園祭に
P7140030.jpg
あいにくの雨模様で駒形提灯も可哀想です。
人出の昨年の半分の3万人弱だったみたい。
でも去年の猛暑の中と比べるとある意味天国。
今年の長刀鉾のお稚児さんは『鼓月』のお孫さん
そこで鼓月の烏丸本店の2F茶房へ上がってお茶です。
P7140018.jpg
夏はこれ。抹茶善哉を戴きました。
冷たくて(当然ですが)美味しい。量も結構沢山。
窓越しに『占出山』が良く見えます。こりゃー良いや。
出来れば雨はこの位で・・・・・

茄子の揚げ浸し

2019.07.10.19:54

 収穫が始まった菜園の茄子を使って・・・
P7100028.jpg
茄子の揚げ浸しを作りました。
採りたての茄子は柔らかさが違います。
瑞々しさも段違い。
本来は生姜でしょうか?今回はご近所からの
戴物の大根で大根おろしを載せました。
これは酒が欲しくなる一品です。
我慢。

金沢中田屋のきんつば

2019.07.03.18:15

 大好きな中田屋のきんつばです。
P7020018.jpg
本当はその中でも“うぐいす”がBESTですが、今回はノーマル。
でも美味しい。
P7020020.jpg
この色艶がたまりません。
甘さは控えめ、大納言の味が出ています。
新茶が怖い時期で御座います。

2019.07.02.16:15

鬱陶しい梅雨の時期ですが・・・
P7020016.jpg
爽やかな杏でも戴きましょう。
信州は杏の栽培が盛んです。その筆頭は千曲市の森地区です。
今年は熟した杏を入手出来たので早速戴きましょう。
生食用で甘酸っぱい肉厚な杏です。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック