鯖の押し寿司の失敗

2013.09.07.09:09

 何故か食べたくなってカーちゃんにお願いです。
P9068425.jpg P9068424.jpg
 結果は略失敗でしたが教訓沢山です。
鯖は魚屋から酢で〆た物を3枚買い入れ。
ご飯は朝炊いたご飯そのもの。
押し枠は今回新調の木曽製。
押し寿司は2本トライ。最初は押す力量が解らず
押し足らずで切るとばらけました。
2回目は小生が強力に押しました。
押した後、放置時間短い?らしく、イマイチ。
反省。鯖と酢飯の間には大葉を入れるべき。
又、刻み生姜等を入れる工夫も。
加圧ご適度な放置時間が必要。
カットの包丁は素晴らしく切れる事。
(今回も切れる包丁だったんですが)
寿司屋の様に、かなりの頻度で濡れ布巾で
包丁を拭き取り、酢飯が包丁に付かない対応。
以外と押し枠が大きく、酢飯が沢山必要。
でいつか再挑戦します。




スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2013.09.07.11:50

押し寿司って、あの木枠さえ買えば
簡単に出来るのかと思ってました。

やはり何でも難しいのですね
再挑戦、頑張ってください。

No title

2013.09.07.17:17

 メタボ夫婦さんコンニチワ
チョットなめていました。
やはり酢飯をキチンと作り、切れる包丁で
仕事する基本が欠けていました。反省。

No title

2013.09.07.21:11

今晩は 押しずしは難しいですね。私は力がありませんから、最後は押し板の上に重石を載せます。具と酢飯の間は何かを挟むと具と酢飯が馴染まないこともありますね。
鯖の厚みも均等にするのも難しいですね。滅多に作りませんが本当に難しいです。

No title

2013.09.08.11:16

 相子さんコンニチワ
押し寿司の難しさを知りました。
観察しますと、例えば『いづう』では鯖の腹を工夫して
酢飯との接合面積を増やしています。
 具と酢飯の境は大葉の一葉では無く刻みで
薄く入れるべきと想定しています。
富山の鱒寿司の様に、強めのゴムバンドで
整形加圧がポイントかもしれません。
又色々ご教示を。
それにしても、相子さんの握り寿司は何時見ても
旨そうです。敬服。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック