“のとてまり”を食べた

2017.03.21.09:48

実物を初めて見ました。食べました。
P3040122.jpg
奥能登で栽培されている“のとてまり”と言う椎茸です。
直径8cm以上肉厚3cm以上巻込1cm以上が出荷規格。
お値段も松茸以上の1本2000円はするらしい。
初荷では500gで23000円ぼ値が付いたらしい。
この椎茸を目の前で見てフライで戴きました。
P3040121.jpg
奥におわすが椎茸、手前は鯛の白子だったかな。
その味は濃厚、噛み応えあります。
松茸は香りが主役ですがこの椎茸は味+香りと揃っています。
未だほとんど出回らない“のとてまり”。
良い出会いでした。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2017.03.21.18:38

今晩は
凄い椎茸ですね。美味しかったでしょうね。

実は目にしたことがあり、とに角驚きました。
お値段にも驚きましたが、名前は今知りました。
有難うございます。

相子さん

2017.03.22.13:04

こんにちは
流石、情報把握がすごいですね。
松茸より高い椎茸ですから。
記録によると明治後半では椎茸の方が
貴重だったらしいですね。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック