京都祇園祭

2012.07.20.12:44

 京都八坂神社の祇園祭に行ってきました。
P7177133.jpg P7160722.jpg
祇園祭を勉強し始めると、牛頭天皇とか・・祇園精舎とか
一条天皇とか・・・・。歴史は特に苦手ですから
祇園祭の起こりと規模、日程だけお浚い。
要は疫病払いのお祭りを1カ月かけて執り行うもの。
内容は、動く美術館の異名を取るだけあってタペストリーは
大変な物ですね。やはり歴史が違います。壮大でした。
 今年の長刀鉾のお稚児さんは福寿園の方。
父上は昨年のJCの会頭をされていました。
先頭のくじ取らずで恰好よかったですよ。
P7167116.jpg P7160736.jpg P7167105.jpg
駒形提灯も綺麗でしたが、街角の一角に国宝が置かれている
のにはびっくりです。懐が深い京都です。
1600年代のペルシャ絨毯も鮮やかでした。
京都の底力を見せ付けられたお祭りでした。
 今年が初めての祇園祭。来年も宵宵山から出掛けるか?
と思案しながら、帰ってきました。それにしても、
37度の暑さの中、体力勝負のお祭り巡りです。


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2012.07.21.11:59

祇園祭りに行って来られましたか
さぞ暑かったでしょうね
僕も、宵山に行った時は暑かったです。

来年は、同時に行われてる屏風祭りを
ご覧になったらいいと思いますよ
これも国宝級の古美術品を夫々の町屋の
格子から覗いて観るんですが、流石京都と
いう感じが楽しめます。
勿論、お金は要りません・・・あははは

No title

2012.07.21.15:14

 コンニチワ
屏風祭りは北観音山付近で拝見致しました。
3軒ほどでしたが、仰る様に素晴らしかったです。
今年は油小路付近が見られなかったので、
来年こそ、少し掘り下げて見たいと考えています。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック