FC2ブログ

蛤椀

2018.04.12.15:38

 茨城の海岸では蛤の密漁が話題らしいですが
P3250111.jpg
これは京都での椀物、はわ蛤の吸い物です。
春の演出は菜の花の黄色い蝶々があしらわれています。
大きな蛤、濃厚な旨さの汁、萌える春をイメージしたお椀。
大変美味しく戴きました。
こうした蛤が採れるのだから密漁にまでなる訳でしょうか。
でも泥棒はしてダメ。

春の宴

2018.04.05.14:44

 今年の京都も1日目は和食を戴いて。
P3250105.jpg
四条河原町の東華菜館の下『ちもと』に呼ばれました。
2階に飾られた豪華雛飾りを拝見したあとは1階に降りての会食。
1階のこのお部屋、掘りごたつの様に足が投げ出せるタイプ。
こりゃー良いや。足が痛くならないだけで大満足。老舗料亭でも
こうした部屋が有るんですね。そういえば『菊の井』でもTVで見たな。
八寸はこんな感じ。山葵の葉が春を演出でしょうか?
難点が箸置き、桜の花びらを模した不安定な物。女将さんが困ってました。
詳細は後程ネ。

ネギラーメン

2018.02.25.15:15

 たっぷりなネギラーメンです。
P2220033.jpg
長野市の繁華街権堂にあって惜しまれながら閉店した
ラーメンやさんに敬意を表して県内各所で売られています。
そのお店、まな板を使わず空中でネギを切り、
丼に入れていく独特のスタイル。〆のラーメンとして
有名でした。その人気に敬意を表して、今県内の
多くのお店がネギラーメンとして冬限定でメニュー
に載せています。
胡椒を利かせた醤油味。美味しく戴きました。

飯山でバナナボート

2018.02.17.11:03

 これも楽しみの一つで。
P2120078.jpg
バナナボートと言われるケーキです。
なんでも秋田県や五所川原、天童辺りにあるらしい。
飯山では秋から春先迄市内のお菓子屋さんで売られています。
ロールケーキの生地でバナナと生クリームを包んでします。
これはヒラノと言うケーキ屋さんのイートインで戴きました。
甘さ抑えめ、メープルの甘さのスポンジ。
ドリンクバー込で550円でした。

笹寿司

2018.02.14.11:28

奥信濃飯山の名物笹寿司です。
P2120002.jpg
上杉謙信・武田信玄の戦の頃、この寿司を謙信に
献上したとか云われある寿司です。(諸説あり)
熊笹の上に酢飯を乗せ、玉子焼き・山菜のゼンマイの煮付け
胡桃等を乗せてあります。笹は防腐効果もありますし。
寿司1枚がおむすびで3分の1~4分の1程度の量
おやつにも丁度良いでしょうか。
P2120004.jpg
紫米を入れた華やかな酢飯の笹寿司もありました。

ネギと烏賊の酢味噌和え

2017.12.04.16:38

 意外と豊作だったネギをふんだんに使って
PC010007.jpg
烏賊とネギの酢味噌和えです。(葱ヌタの応用)
信州特産?の煮イカを使います。
要は茹でて売っている烏賊があるのです。(煮イカ)と呼んでいます。
これを酢味噌で和えました。
これで日本酒を・・・・。いけます。

 ところでお相撲さんの世界は未だ荒れていますね。
会社って言うところは、社長以下役員が居る訳だけど、
一般的に経営層は営業出身・開発出身・製造出身・管理出身
とその前歴は様々ですよねー。最近では社外取締役を一定数いれています。
又管理職に向く人、向かない人が居る訳で、ノーベル賞をもらっても
取締役では無くフェローとして技術屋・開発屋として活躍されてます。
 ところが相撲の世界では勝負に長けた人が親方になり部屋を持ち
理事になり協会を動かしています。
会社に例えると、技術屋だけで経営する会社・営業出身だけ経営する会社
そんなイメージの会社かもしれません。
開発屋としてはぴか一かも知れませんが、果たして経営に向いているか、
マネージメント能力はあるのか?これは別の話ではないかなー。
横綱だから経営能力もあるのか?これは疑問です。
そんな単純な事を思いながらTVを見てました。

ソースかつ丼

2017.11.07.14:16

 信州伊那谷名物?のソースかつ丼です。
決して大盛りを頼んだ訳では無いのですが・・・・。
PB040026.jpg
これがこの店の普通盛なんです。
PB040025.jpg
大層厚みのある肉、ロースではありません。
これで1000円なんです。
胸焼けしない油、あっさり目なソース。
しかし、食べ切る事は出来ません。(最初からそのつもりなんです)
6切れの肉の塊から3切りは上限。残りは持ち帰り。
家族はこれでカツサンドを作り、夕食にします。
偶にはこうした話題もネ。
プロフィール

ご隠居プーさん

Author:ご隠居プーさん
隠居のプーさんと申します。
既に還暦を過ぎ、
信州の山の中で静かに生息しながら、晴耕雨読の生活。
空気と水の美味しい信州から、日記を書いていきます。
尚、記事中の評価は小生の独断・偏見があります。
その点を考慮願います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック